前へ
次へ

介護を受ける人とかかりつけ医との関係

高齢になって自分一人での生活が難しくなるとき、介護サービスを利用する必要が出てきます。
介護サービスは誰でも受けられますが、介護保険を使っての介護サービスは介護認定などを受ける必要があります。
介護認定を受けたうえでケアマネージャーに介護プランを作成してもらい、介護サービスを受けるようになります。
高齢で介護を受ける人にとっては、病気などが無ければ介護サービスを受けるだけで済みますが、病気になれば医療機関を使っての治療が必要になります。
でも自分で病院に行けなかったり、体調が悪いことを伝えられないときもあります。
すると治療が遅れるなどの問題が出てくるときもあります。
ケアマネージャーがケアプランを作る時にはかかりつけ医の存在などを聞かれるときがありますが、それは医療情報の連携のためです。
ケアプランの作成において、持病などがある時にはそれをかかりつけ医から確認をし、それに合わせたプランを作成してくれます。
自分自身で伝える手間を無くしてくれます。

Page Top