前へ
次へ

障害者でもコンプレックスをカバーしたい

障害を持つ人は、見た目ではっきり分かる場合もあれば、なかなか判断できない場合もあります。
例えば、聴力の低下、難聴者もその1人です。
医療機器のお世話にならなければならない、障害者にとっては必要なツールです。
もちろん、医療機器は精密で高度技術が使われていたり、価格も割高感が否めません。
それだけにメンテナンスも重要です。
また、機器のみならず、見た目のコンプレックスをカバーする用品も障害者からは活用されています。
例えば、義足であったり、医療用ウィッグもその1つです。
この場合には、機能性はもちろん、自然で馴染むことはもちろんですが、格好良さや可愛さなどのデザイン性が強く求められています。
視力障害でもメガネやサングラスのデザイン性が重視されていますし、難聴では補聴器の色柄も多彩です。
フェイスプレートとシェルでそれぞれ好きなカラーが選べます。
それだけで身体のコンプレックスが若干薄まるようですが、最近はワイヤレスイヤホンを利用する人もいるため、障害者と区別するのは難しくなっていて、やはり機能性を重視すべき考え方も広まっています。

Page Top