前へ
次へ

重大な病気とかかりつけ医の関係

大きな病院と町のクリニックや診療所では治療のための設備が異なります。
病院だと診察もできますが、入院、手術、様々な検査なども行えます。
クリニックでは診察は可能ですが手術ができるところは少ないでしょう。
検査などもできる方法が限られたりします。
そこでクリニックでできない治療は病院で行う必要があります。
最近は病気を疑うときは軽くても重くてもまずはかかりつけ医に行く必要があるとされています。
まず医療費の問題があり、かかりつけ医を経由した方が当初の治療費などが安くなります。
それ以外にもかかりつけ医を経由した方がいいメリットがあります。
それはかかりつけ医の情報が病院に引き継がれる点でしょう。
重大な病気にかかっていきなり病院を使うとその病院で一から検査をしなければなりません。
かかりつけ医を経由するとかかりつけ医でわかる情報を大きな病院の方に渡してもらえます。
わかる範囲のことは検査が不要なので、それを元に新たな検査をしたり治療を早く始められたりします。

Page Top